妊婦・産後の方へ

妊婦さんの腰痛の原因と予防

今までに腰痛のない方でも、妊娠中に腰痛(お尻の痛み、恥骨の痛み、足のシビレや冷えむくみなど)をおこす事があります。そんな時は、我慢されずにご相談ください。腰痛の原因を知りきちんと予防をすれば大丈夫です。

妊娠するとなぜ腰痛になるの?

妊娠をするとたくさんのホルモンが活発になり、卵巣からは、骨盤や靭帯を緩めるリラキシンというホルモンが分泌されます。

そのホルモンのおかげで、出産の時に骨盤が緩み、産道が開きやすく、赤ちゃんがスムーズに産み出しやすくなるのですが、骨盤内の筋肉が弱っていたり、運動不足な生活を送っていたりすると、まだお腹の出ていない、妊娠初期の段階から骨盤がゆがみ、腰痛や恥骨痛といった症状がでる方もいます。

そして、お腹が大きくなる妊娠後期には、関節や靭帯が緩んでいるところにきて、更に身体の重心がずれ、姿勢がゆがみますので、骨盤がゆがみ、腰痛が起こります。

実は今が大事…

産道が開きやすくなるほど骨盤が緩むということは、一生にそう何度もなく、この時期に骨盤のお手入れをすることにより、骨盤を良い位置に戻して、正しく締めてあげると妊娠前より骨盤をきれいに整えることができるチャンスです。

施術方法

Suncure松阪では出産前でも、安心安全な施術をさせていただいております。骨盤の矯正や全身をリラックスさせる施術法など、患者様お一人お一人にあわせて施術させていただきます。

予防

出産後、退院当日にご来店下さる患者様も増えてきました。

大切な子(子孫)ひとり、この世に誕生させて下さったお母さまですので、世の男性の代表として感謝の意をもって精一杯の施術と、その人にあった今後の予防法をお伝えいたしますのでどうぞご来店ください。