膝痛

水がたまる…!?

膝が痛くて、お医者さんに行くと「みずがたまってますね」「抜きましょうか?」なんていうことをよく聞きます。

実際にお医者様に言われて、それで痛みが治るのなら「宜しくお願いします」って治療していただいた方が、サンキュア松阪にもたくさんお見えになっていますが

もし、たまったみずを抜いて治るのならそんなに膝の悪い人がたくさんみえないのでは?

そもそも、なぜ膝に水がたまるのか?

そこに問題があります、たくさんの人を診させていただきながら考えています。

なぜ膝に水がたまるのか?

答えは

患者さん一人一人、原因が違っています。

もともと膝は身体にある関節の中で最もよく動かす関節のひとつです。

なので、この関節が滑らかに動くように色々な仕組みがあります。

そのひとつが「関節包」という、関節を包んでいる袋のことで、中に滑液とよばれる液が少量入っています。

この滑液は関節をスムーズに動かすとともに、関節が滑らかに動くようにクッションの役割を果たしている軟骨の栄養源になっているのです。

しかし、何らかの原因で関節が炎症を起こすとそれを抑えようと、この滑液が余計に分泌されます。

また、軟骨などがぶつかり合ってでたかけらが滑液に混じると、異物と察知して洗い流すために過剰に滑液が増えることもあるそうです。

何らかの原因で関節が炎症を起こす

よく整形外科などでは注射器で膝の水を抜く治療法がありますが

膝に水がたまりだすと、関節内部の圧力が高まり関節が不安定になります。

また、滑液に圧迫されて血流が悪くなり、膝の曲げ伸ばしをするたびに痛みがはしるようになるでしょう。

膝を動かさなくなると、筋肉が衰えたり血流がさらに悪くなったりします。

すると、ますます関節が不安定になり、軟骨が破壊されたり炎症が起きたりするのです。

それを察知して滑液がますます増えるという悪循環になる可能性もあります。

その水を注射器で抜くと、関節内部の圧が急激に下がり痛みが劇的に緩和し動きもスムーズになることがよくあります。

しかし、何らかの原因で溜まった水を安易に抜いて痛みが緩和したからといって、原因が何一つ解明できたわけではありませんよね!?

Suncure松阪では

痛みの箇所が膝に出ていても身体全体のバランスをチェックし、本来の原因を探し出し、改善していきます。